スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画 ラストサムライ の感想
今日、テレビで映画「ラストサムライ」を見ました。
オールグレン(トム・クルーズ)の吹き替えの声優さんは帝王(笑)森川智之さんでした。
トムは鎧を着てもかっこいいですね。そのかっこいいトムに負けてないくらいかっこいい声でしたv
ラスト サムライ映画はすごく面白かったです。
武士はすごく美化されて描かれていました。同じ日本人としてはちょっとうれしいかも。

オールグレンが滅多打ちにされたシーンでは、森川さんがやられているようで、ちょっと痛かったです(^^;

やはり戦闘(アクション)シーンは迫力がありますね。
忍者が攻めてきたときの攻防はすさまじくて、森川さんの声を聴くのも忘れて見入ってしまいました。
最後の戦いも、まさに矢の雨が降ってましたし。

氏尾(真田広之)が最後の戦いの前に舞っていたのはかっこよかったです。

ラスト・サムライ「さだめは変えられると思うか?」
と、勝元が聞いたときに
「やれることをやるしかない。自分のさだめが分かるまで。」
とオールグレン言ったセリフが印象的でした。
いい言葉だと思いませんか?(セリフはうろ覚えなので、ちょっと違うかも(汗))

新撰組のときもちょっと思ったのですが、やはり鉄砲には勝てませんよね…
ちょっと泣けました。

大村はいやな人物でしたね。
ラストサムライっていうタイトルから、大体結末は予想していたのですが、気持ち的にはやはり勝元たちに勝ってほしかったです。

最後にオールグレンが森川ヴォイスで勝元に
「もう会話もできなくなるな」
といったシーンは切なくて泣けました。

でも、勝元は望んだとおりに刀で死ねたのが、せめてもの救いですね。
それと、死んだ勝元に対する最敬礼(土下座)も。あれは勝元に敬意を表したんですよね?もしそうなら、ちょっと救われた気持ちです。

オールグレンが生き残って、最後に天皇に勝元の想いが伝わってよかったですね。
ちょっと悲しかったのですが、一応ハッピーエンドなのかな?

それにしても、テレビでCM前の提供の後ろで、先のシーンの映像を使わないでほしいです。
オールグレンが村から解放されてアメリカに帰るかどうか、まだ迷っているシーン(映画本編)の後に、提供の後ろの映像で、オールグレンが鎧をつけて勝元と一緒に戦っていたシーンが出てきて、軽くネタばれされたみたいでちょっとショックでした…

ちょっと悲しかったですが、とても面白かったです♪
映画 ラストサムライのDVDは1000円でおつりがくる値段で買えますので、まだ見てない人はぜひどうぞ(^^)!
映画ラストサムライのUMDもあるみたいです。
スポンサーサイト
【2006/12/11 02:42 】 | 映画の感想 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ゆうちょ銀行 窓口サービス向上? | ホーム | 映画 デスノート DEATH NOTE 後編 The Last nameの感想>>
コメント♪
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://blnote.blog27.fc2.com/tb.php/34-3bd27e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。